FC2ブログ
タイトル画像
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【キングタイガー 制作】(1)車体工作 基礎工事
ふとしたことから制作することになった キングタイガーです(笑
理由はわかる人にはわかると思いますけど(笑
今回は、キングタイガーでも砲塔の曲線ラインがとてもきれいな
ポルシェ砲塔を製作です。
実車は生産台数50台 キングタイガーでも初期の物で、その後改良されて
ヘンシェル砲塔タイプへと変わって行きます。(と勉強してみました 笑)
この車体は工場出荷時からツィンメリットコーティングが施されていた ということで
コーティング作業は 必須 になります。 
が、
今回は、ドラゴンの1/35キングタイガー ツィンメリットコーティングバージョン
を使用しています。最初から繊細で素晴らしいコーティングが施されていますので
(ある意味、実車と同じですね 工場出荷時からのコーティング 笑)
パテなどで工作する必要も無く、気軽に製作する事ができます?
(?の理由はこの後で 笑)

kt001.jpg
とても繊細で素晴らしいコーティングのモールドです。
工作でこれを再現するのはとても難しいので
コーティング必須の場合はとても嬉しい仕様です。

が、

もちろん イイトコ ばかりでは ありません(笑
(ある意味モデラー冥利な要素ということかもしれませんけど(笑)

例えば、排気管カバーなど
車体後部は、全面コーティングされていますので
そのまま、カバーのパーツを取り付けようとすると、 隙間が、、、
kt003.jpg
細かいところなので 無視 もアリかもしれませんけど、(笑

やっぱり気になります。

ということで 排気管カバーの着く部分のコーティングを削り取っていきます。
kt002.jpg
モールドされたコーティングを 薄く奇麗に削り取るのは
結構、難しかったりしますけど、、
そんな時は もってて良かったこの工具 その1
【BMCタガネ】 今回は2.0mmを使用です。
本来はノミ的な使用方法はNGなんですけど、太いサイズであればいけます(笑
隠れてしまう部分といえば それまでなんですけど、、
できるだけ奇麗に仕上げてあげたいので地味に作業してみました(笑
これで違和感無くパーツを取り付ける事ができます。
kt004.jpg
カバーのパーツは一安心ですけど、、今度は、、
コーティングの関係で、各パーツの合わせ目などに隙間ができて

また、気になります。

ので、手を入れて行きます。
kt005.jpg
隙間に スケールモデルの伝統技?(笑
延ばしランナーをいれていきます。そして もってて良かったこの工具 その2
【ヒートペン】を使って溶接跡を再現していきます。
(ある意味、本当に溶接します(笑)
で、リキッドサーフェイサーをちょこちょこと 軽く慣らしておきます。

リアガードの裏などは 見えないといえば見えない部分 ですけど
やっておくと安心です(笑

もちろんフロントも同じ現象がおきますので(笑)同様な作業をやっておきます。
特に牽引ホールドと本体には素晴らしく?隙間ができるので
kt006.jpg
元々の溶接跡は キッパリと削り取り 改めて溶接跡を新造します。

ツィンメリットコーティングバージョン=ラクチンバージョン

だと思っていましたけど、、、 

訂正(笑

実際は、手強い部分もソコソコに(笑
もちろん車体の他、砲塔にもコーティングしてありますので、
そちらにも手を入れていっています。

いきなり 地味な作業の連続です(笑

まだまだ細かい部分がたくさんあるので、もうしばらくは
地味に、地味に進めていこうと思います。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AYA

Author:AYA




SCALE AYATAMABO(スケール)


AYA TAMABO(キャラHP 本館)

AYA TAMABO BLOG(キャラBLOG)

button.gif



■GALLERY■
【NEW】
t2ptop200.jpg





zerosentop200.jpg


m4a1top200.jpg








Special Thanks


アドラーズネスト様




タスカモデリズモ様








最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。